二人の3安打で勝利

google_ad_client = “ca-pub-9937916667902360”;
google_ad_slot = “5957502538”;
google_ad_width = 728;
google_ad_height = 90;

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js
茂木の2ランで派手な感じはあったが良く見てみればヒット打ったの田中と茂木だけ。あとはかろうじて出塁だけという6人(古川抜いて)がランナーとして貢献したに過ぎない。
中心打者を入れ替えるのかと思ったら打てないメンツで同じ。まあ、他にいないといえばいない。

内田とウィーラーは一長一短と言うか、どっちが差をつけているか、という事も成績から見ても判りにくい様子。なんか「今日は内田調子よさそう」で、ノーヒット、次はウィーラー入れてみてノーヒット、じゃあまた内田~のループになってますね、負のループに。
そろそろ今江の神様はもうどこかに消えていったのではないかと思う。二日前のタイムリーもドンつまりで外野の前にポテンと落ちたヒット。
今日の今江は4番でチャンスは回ってきたが三ゴロ、二ゴロ、空三、四球。最後の四球はしぶとく選んでいたが、その前の3打席は長打を狙っているのか、外に逃げる球でも落ちるボールのワンバウンドでも何でも振りに行っていた。これはもう絶好調を期待してはいけない。どうせ長打は少ない選手だから、ホームランの期待できる内田を一塁で起用した方が良いんじゃないか。走るのも辛そうだし右代打の切り札でいいんでない?

ペゲーロに関してはノーヒットにがっかり、という事はなく「こんな感じか」という感想。ただ調子悪いように見えて突然ホームラン打ったりという期待はある。でもチャンスで何とかタイムリーを期待するといった計算が成り立つ打者ではない。本人は何も考えず力いっぱい振っているだけに見えるから長打があっても4、5番はいかがなものかと。どうせ送りバントしないなら2番でもいいんじゃないかしら。

古川はピンチをストレート勝負で良い結果が出た。山口の抜けたかと思われたゴロをウィーラーが好捕、いつもとは違って守備に助けられた面もあった。首脳陣は塩見と藤平を戻したいのが本音だろうから、まずは近藤との争い、そして次の登板の結果次第だろう。
近藤は二軍の成績では際立って四球が多いように見える。炎上していた頃は四球がらみだったとすれば緊張する一軍初マウンドでストライクが入らない、というありがちなパターンにならなければよいが。
打てる人がいないなら昨日も二軍でホームラン打ったアマダーはどうか?とも思った。しかし当然ではあるが、このところ守備難には敏感だろうし足を痛めていたアマダーに一塁守備ができるのか?を考えれば早くてもホームゲームまで待つのかもしれない。

拍手コメントありがとうございます。
※大阪近鉄さん、八百板、小技が苦手なんすかね。
※66才さん、確かに3塁コーチャー無理が多いですね。
※楽天パパさん、2点打線は本当でしたね。
※NALさん、確かにバント、守備は他チームに劣りますね。

★★★ランキングに参加しとります。いつもありがとうございます。お時間があったら「楽天イーグルス」のバナーをクリックしていただけると嬉しいんですにゃ★★★

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”13e09e9a.ca0b78af.13e09e9b.747c4f29″;rakuten_items=”ranking”;rakuten_genreId=0;rakuten_size=”468×160″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”off”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”on”;
https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js

Source: 楽天イーグルスは死なない!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。