~オリックス、2年続けて秋山に敗れる の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

スライド

前日雨天中止となってのカード三戦目。
オリックス・金子、阪神・秋山ともにスライド

昨年のこのカードではノックアウトを食らった金子でしたが、
6回被安打7自責点2と試合はつくりました。

毎回得点圏に走者を許す厳しいピッチングも、
与四球1と自ら傷口を広げることはなく、要所を締めました。

粘っていただけに、六回二死一塁から鳥谷への一球がもったいなかった
球数と七回表の打順を考慮すれば、ここが自身の正念場となるのはベテランの金子ならばわかるはず。
ベンチ・ファンともに、
この回なんとか凌いでくれればあとは強力救援陣に任せてその間に一点を…との目算だったゆえ、なおのこと。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2年連続

相手先発の秋山。
150キロを超えるストレートがあるわけでも、特殊な変化球があるわけでもなく。
しかし、とにかく丁寧に、球を低めに集めます。

金子が与四球1ならば、秋山は0。
セリーグ規定投球回数到達投手の中で最小の与四球を誇るだけのことがあります。

打てそうで打てない、そのもどかしさ
オリックスファン、阪神ファンともに感じた今日の一戦。

軍配は一点差で阪神に上がりました。

これで2年連続で秋山に白星を献上
う~ん…。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

吉田は頼りになるものの

その秋山を全く苦にしなかったのが、猛打賞の吉田正尚

投手が誰に限らず、
吉田の前にいかにランナーを溜めるかがいまのオリックスの基本的な戦い方。

一・四回は二死、一死走者なし。
六回は一死二塁で迎えて、タイムリー。

しかし、
吉田は頼りになるものの、その後が続かず…。
六回、その吉田を三塁に置いての四番・マレーロ、五番・小谷野に一本が出ていれば、流れは間違いなく変わりました。

八回、近藤が魂こもったピッチングをみせ期待が膨らんだものの…。

そして、T。
故障のロメロに代わってスタメン出場も、内容があまりにもなく。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

三回表裏の攻防

一点差での敗戦。
惜しむらくは三回表裏の攻防

無死一塁で九番・投手・金子が犠打併殺のオリックスと、
無死一塁で九番・投手・秋山が犠打成功の阪神。

前者は無得点、
後者は先制点。

この差が試合を分けました。

投手が打席に立つセリーグと立たないパ。
さらには、打席に入ったのが、高校時代、伊予のゴジラと評されたほどに高い打撃センスを誇った秋山。

タイムリーと好守の鳥谷もですが、
結局、秋山にやられた印象です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

首位ヤクルト

明日からは東上してのヤクルト戦。

パの強敵どもを倒し、交流戦首位に立つヤクルトとの3連戦は実に興味深い。
西→山岡→田嶋と先発陣に不足はなし。

最近の調子を考えるとなかなか望み薄も、
西、山岡に早い回に援護を。
これができれば彼らのよさは倍増します。

毎回毎回このことを書いている気はしますが…。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。