こんな試合があるからまた見てしまうのが野球

追いかけて 追いかけて~も~ と、
CHAGE&〇〇〇〇の曲が頭の中に響いた試合。
結果は9回2アウトから追いついての延長サヨナラ勝ち。

前2試合でまた今年もか・・・という気持ちにもなりました。
でも、こんな試合があるからまた見てしまうんですよね。

9-8の試合ですから当然色々ありました。
書ききれません。時間も時間です。でも書けるだけ書きたい(笑)

アルモンテが初の不調期間に入りました。
低目のボール球に手が出てしまうようになっています。
だいたいの新外国人は不慣れの不調からスタートして段々上げてきます。
アルモンテは逆に好調から入っての不調なので、どう戻すか注目です。
よくここまで長く打ち続けてくれました。
ただ、守備の酷さは全く改善されないので早く調子を戻してくれないと困るというのが正直なところ(^-^;
今日のロッテを見てもやはり守備は失点に大きく関わります。

やっぱりやっぱり大島にバントは絶対やらせてはいけません。
伸び上がって打つ悪い大島で5タコ後の10回裏。
確かに100%バントさせたい場面です。
でも大島にバントは120%NGです。
ボール球をファールして追い込まれてランナーを進めようと叩きつけて逆にポップ。
何度も何度も何年も見た光景です。

チャンスでの福田の考え過ぎっぷりや同点チャンスでの京田の3-1からの投ゴロ。
色々ありましたが本当に勝ってよかった。

捕手3人制でも云々・・・と何度か書いてきましたが、今日は惜しげもなく代打を使いました。
7回同点のチャンスに勝負して亀澤を出したのは賛成でした。
亀澤を生かす云々も何度か書いてきましたが、ああいう場面での代打はアリだと思います。
追い込まれながらもしぶとく打ちましたが残念でした。
集中力を感じたし、悔しがる姿からも伝わってくるものがありました。
必要な選手です。

そして、本当に結果論ですがおかげで武山の同点タイムリーが生まれました(笑)
あそこで武山に回ってしまった。それでも代打亀澤は間違っていなかった。
そう書こうと思っていたら、まさか(笑)
しかも、2点差で1,3塁ですから、絶対に外野は頭を越されない位置に守るのがセオリー。
そういう意味では武山じゃなければ生まれなかったタイムリーかもしれません。
とにもかくにも高目のストレートをしっかり叩いた武山がお見事でした。

ヒーローインタビューにも呼ばれた通り、もう1人のヒーローは藤嶋。
素晴らしいピッチングでした。
そして、亀澤同様、伝わってくるものがある選手でムードメーカーにもなれます。
地元枠での指名という面もあったかもしれませんが、こういう選手は当たれば大きいですね。
現状、便利屋のような使われ方でも一生懸命結果を出すので今後も同じように置いておきたいし、先発もさせてみたいし。
首脳陣には嬉しい悩みになりそうです。
あの打撃を見てしまうとやっぱり先発で見たいかなと。
もともと打者としての評価の方が高かっただけに、打席でも素晴らしい雰囲気を持っていますね。
二刀流どうですか?(笑)
武山のタイムリーでベンチで大喜びでガッツポーズしながら雄たけびをあげている時の腕の筋肉に目がいきました。
やっぱり打者としても捨て難い。。。

大きな1勝を拾えました。
気持ちが晴れたので、睡眠不足になっても関係なしです!(笑)


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。