中継ぎが良く耐えた

岩瀬のボールが高く、簡単に捕まりギリギリの戦いに。しかし後の中継ぎがよく凌いだ。決して楽な勝利でも無かった。でも勝てた。

相変わらず松坂は四球を連発していたが、彼にはギアが存在し、勝負所では十分すぎるほど技を披露していたように感じる。選手が十分揃っていないとはいえソフトバンクを1失点に抑えた。嬉しいねぇ。

対して千賀もそう調子はよく無かった。WBC位しか見たことが無いが、結構変化球が抜けており、自らの判断かコーチの指示か、中日打者が思った以上にボールを見極めていた。そしてホームラン後の1点。京田が反対方向にキレイに打った。遂に流し打ち解禁か?反対方向にも打てれば相当手ごわいバッターになると思うのだが、まぁどこまで信じて良いのやら。

平田が好調でよく出塁したこともあり、福田もいい場面で回ってきた。結果得点に絡むことが出来たのだが、なかなか上がってくる印象はないねぇ。もうスリーボールノーストライクで打ってしまえよ!と思ってしまう。ベンチも打てのサインで良いと思う。どうも1球投げられるごとにベンチばかり見ているのが下位打線、というか好調な平田の後が向いていないのではないかと感じる。一発が出るまでは我慢なのかな。

最後のヒーローインタビュー、周平がどんな会話に対しても『やりました!』を連呼していた。多分何も考えていないのだろうな。でも今更驚かない。彼に伝える技術がない、ただそれはファンも十分理解しており、今はノビノビ野球をして、良い空気にノッてくれればそれだけで良い。配球の読みとか、狙いとかも無かったのだろう。ただあの場面で初球、しかもあの球を見逃さないのは相当なセンスだと思う。彼はもうセンスで成長していくだけなんだと思う。悩み過ぎるのは勿論、悩まないのも問題な気はする。ただ野球選手はそんな天才もいる面白い世界なんだろう。そして9回ピンポイントで周平⇒荒木だったことも彼の現状を表している。決して守備が大きく劣っているわけでは無い。

内野陣が今の4人であることに不安を感じる。ベテランが結果を残し、若手が残せない現状と今の内野陣、決して無関係では無いのだと思う。ただ年齢も重ねればどちらも変わるだろう。いつだってマウンドに上がれば一人なのだから。

明日はガルシア。久しぶりの連勝をもっと続けたいね。明日勝てば今週は負け越すことも無い。欲張らず、少しづつ結果を残していってもらいたい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。