良くも悪くもこれが松坂大輔

ナゴヤドームで行われたソフトバンクとの1回戦は5-4で中日の勝利。

たくさんミスは出てしまいました。リリーフも多く費やしてしまい満身創痍と言うべき状況に追い込まれてしまいました。
それでも今日の勝てたことを喜びたいと思います。

先発の松坂は相変わらずフォアボールが多く球数がかさんで早めに降板してしまったのでどう評価していいのかは分かりませんが、あれだけ守備にミスが出たのにそれを引きずらない精神力はさすがの一言。
普段はあれだけバラバラなのにギアを入れた時のコントロールの正確さだったり、逃げない強さなど松坂は経験を積んでるピッチャーの強みを登板の度に見せてくれますね。
特に守備のミスが重なって1点取られてなお1アウト満塁のピンチを背負った2回表に中村晃と柳田から連続三振を奪った場面は圧巻でした。

松坂のようなピッチングを他の若手が真似しようとしてもいきなりは無理でしょう。
ですが、こういう松坂の姿を目に焼き付けておいて、いつか自分を救うお守りにしてくれたらいいなと思います。

松坂が5イニングで降板してしまい継投が難しくなった中、ベンチは6回に又吉を送り込むことを選択。ランナーが複数出れば左打者が続く打順だったので心配でしたが、無失点で切り抜けてくれました。
ただ、やはり躍動感があまり感じられませんし、左肩の開きが相変わらず早いように見えるので微調整してもらいたいところです。

左打者が続く7回表は岩瀬を投入。
この岩瀬が3連打を浴び1失点とピリッとしなかったのが誤算でした。結局このイニングには祖父江を投入することに。
今日で祖父江はチーム初の4連投。今最も便利に使えるピッチャーですし、こうなるのは仕方が無かったとも言えますが、今後が心配です。

8回を博志、9回を田島が締めて逃げ切れたことは収穫になりました。
博志が柳田に投じた甘い変化球には肝が冷えましたが、今後もこのような結果を出し続けてもらいたいものです。

打線の方はあまり調子がいいように見えなかった千賀をしっかり攻略して5得点。
追い込まれる前に自分たちから仕掛ける攻撃がハマりましたね。
普段あまり思い切りのいい打撃ができていない福田が初球を打って同点タイムリー、周平も初球を打って勝ち越しスリーラン。彼らの積極性が結果に結びついたことがとても嬉しいです。

3つの盗塁失敗や2つの併殺打、1アウト2塁、3塁から無得点などもどかしい攻撃もあったものの、積極的に動いて出てしまったミスなので割り切るべきでしょう。

采配でひとつ気になったのは最終回、周平に代えて荒木を出したところ。
守備面では影響力含め荒木に分があるでしょうし、荒木を出すこと自体には納得しています。しかし、福田を下げてセカンド荒木、サード周平、あるいはビシエドを下げてセカンド荒木、ファースト福田、サード周平ではいけなかったのかなと。

8回裏が福田で終わっているので、もし9回裏があれば先頭打者は周平のはずでした。守備力という意味でも周平をサードに回した方がよかったように感じますし、今日ホームランを打っている周平と荒木の打撃を比較すればさすがに周平に分があるはず。
周平を下げざるを得ない何らかの事情でもない限りちょっとこの采配には賛同することができませんでした。

もしサード福田にミスが出たり9回裏の攻撃をすることになっていたら致命的な采配ミスになっていたかもしれません。
結果的に福田にミスは出ず田島がきっちり試合を締めてくれたので事なきを得ましたが、なるべくミスの芽を摘む采配をしてもらいたいですね。

ここのところずっと勝てていなかったカード頭に勝つことができました。
この勢いに乗って連勝を続けてもらいたいと言いたいところですが、明日は4連投の祖父江、3連投の博志、昨日4イニング投げている藤嶋は使いにくく、先発のガルシアにはなるべく長いイニングを投げてもらわないといけない状況に。
本音を言えば大差で一応勝ちパターンと言われるピッチャーに休養を与える勝利を目指してもらいたいところですが、それはさすがに贅沢すぎますね。

こんな時期に目先の1勝の為に中継ぎに無理をさせてもいけませんし、仮に接戦になった際は木下を思い切って起用するなど勇気ある采配に期待します。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

Source: やっぱり竜が好き

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。