ビバ長打

ビバの意味はよく分かっていませんが。

ソフトバンク相手に初戦勝利。
しかも、松坂対千賀で勝ったのは客観的に見て番狂わせでしょう。
もちろん松坂のピッチング、中継ぎ抑えの踏ん張りがあっての勝利でしたが、大きかったのが周平のスリーラン。
高目の変化球をしっかり回転して打ちました。
2度目のスタメン落ちから構えを変えてヒットは出ていましたが大きな当たりはファールになっていました。
ようやくのホームランがいいところで出ました。
前日の最終回、ホームランで逆転サヨナラの場面。
低目を打ったファーストゴロに悔しがっていたのでその反省を生かしてくれたと勝手に思ってます。
やはり長打は大きい。ランナーを置いてなら尚更です。
前日の武山の長打しかり。
武山は相手が長打を警戒しなかったからこそ生まれた長打でしたが、警戒されながらもその上を越せる長打力はどうしたって魅力です。
だからこそ、ブログ開始以来、平田周平古本、あと福田!と言い続けてきました。
5.6.7番に3人並んでいる今は当初からしたら夢のような打線なんですよね(^^;;
あとは古本だ!(混乱
今の1.2番は足という武器があります。
あとは出塁率を、、、
3.4番もよく打ってます。
きのうはその3.4番が打てませんでしたが、そんな時に5.6.7の誰かから1発が出る。
そんな理想的な打線ができつつあると期待しています。
福田と周平が本物になってくれることを切に願います。
あと、平田が怪我しないことも。
そこに投手陣の整備が重なれば、、、
なんてうまくいかないかー


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。