6/9 新日本プロレス@大阪城ホールをライブ観戦。

本日6/9(土)は甲子園球場の「阪神×ロッテ」と、新日本プロレスの大阪城ホールでのビッグマッチ「DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL」がダダかぶり。
DSCN1960_1

DSCN1971

DSCN1954_1

前者は14時開始、後者は16時開始ですが、それぞれ見逃すわけはいかずと、チケットを確保して無理なハシゴに挑みました。
そんなわけで個人的な思いとはウラハラに、劣勢マリーンズが最終回に同点に追いつき、嬉し悲しい延長突入…。
10回表の2死満塁のチャンスを潰したとこらで野球は切り上げて、阪神、JRを乗り継ぎ、大阪城ホールへ。
IMG_20180609_182932

ライブでは来ますが、プロレスではティーンエイジャーの頃に「猪木×ブロディ」の60分フルタイムを見て以来かと。
(セミは「新日×UWF」の5対5イルミネーション・マッチ?)
今回、指定席はもちろん、立ち見券さえ前売り完売で、当日売りの立ち見も一人2枚までの制限販売だったとのこと。
プロレス・ブーム(新日ブーム)の勢いはホンモノです。
18時半近くの遅刻到着で、まずはセミ前(ダブメン前)のフィニッシュ・シーンだけチラ見。
ダフルメイン扱いのセミは、「内藤哲也×クリス・ジェリコ」のインターコンチ選手権。
DSCN1555_1

DSCN1563_1

DSCN1568_1

内藤入場時にジェリコが襲いかかるパターンで開戦。
DSCN1579_1

DSCN1582

DSCN1583_1

散々の場外展開が続いて、ようやくのリングインで試合開始ゴングが鳴ったのはよしとして、その後もたびたび場外乱闘が長く、しかしながらそこでの場外カウントは無く、「これってFMWルールのエニウェア・ストリート・ファイト・マッチやったっけ?」と不自然さには目をつぶり、メジャーリーガー、ジェリコのファイトを楽しみました。
ワタクシにはライオン・ハート、ライオン道時代のほうが馴染みがありますが、時に激しく、時にクラシカルに内藤を苦しめて、見事タイトルをゲット。
DSCN1623

場外乱闘中にファンにサインをサービスするなど、メジャーのスーパースターの色っぽさもいいですね。
試合後も続くジェリコの攻撃に、ロスインゴのEVILが駆け込み内藤をヘルプ。
DSCN1652_1

新たなストーリーが始まります。
そして、いよいよダフルメインのファイナルマッチ。
「オカダ・カズチカ×ケニー・オメガ」のIWGPヘビー級選手権試合。
DSCN1926_1

昨年の大阪城ホール大会で60分時間切れドローのリマッチ。
今回は完全決着を目指して、IWGP史上初の“時間無制限3本勝負”ルール。
DSCN1667_1

DSCN1702_1

去年は試合が進むにつれ、「この試合はどうなるの?もしかして時間切れもあり?ギリ決着もあり?その場合、どっちが勝つの?」と読めない展開にドキドキして、時間が進んでいったと思います。
今年は、「60分を超える」ことが、プレーヤーにもオーディエンスにも暗黙の了解になっているフシがあり、前半は時間消化のようなスローペースな立ち上がり。
DSCN1726_1

しかしながら、取って取られての3本目まで、よくぞのスタミナでの熱い闘いにスタンドは大興奮。
DSCN1754_2

DSCN1751_1

DSCN1770

DSCN1771

DSCN1774_1

DSCN1786

DSCN1878_1

DSCN1882_1

DSCN1907

ランニングタイムはやはり、“64分50秒”。
DSCN1921_1

DSCN1922_1

DSCN1923_1

DSCN1925_2

ケニーがオカダのV13を阻止して、悲願のIWGPヘビー奪取となりました。
DSCN1941_1

試合後は飯伏幸太 &ヤングバックスと大団円でハッピーエンド。
DSCN1929

DSCN1952_1

DSCN1961_1

そしてコチラには、Codyが無言のアピールを投げかけてビッグショーは終了しました。
DSCN1967_2

実質2試合しか見れませんでしたが、クーラーの効いたフカフカシートかつ360℃スクリーンもある観戦は、快適そのもの。
次は8月の大阪府立のG1が楽しみです。
ところで大阪城ホールの記憶で思い出した、5対5イルミネーション・マッチ。
あれって、見てるほうはゲーム性と組み合わせの妙でスリリングで楽しめて、プレーヤー側は白黒ついてもゲーム性を理由に印象や実績には残りにくく、双方に都合の良い試合形式なので、現代プロレスでも、もっと重宝しても良いかも。
少なくとも個人的には、3wayみたいなのよりは、イルミネーションのほうが楽しめそうです。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。