今は耐えるしかない

捕手二人制ということもあり、抜く試合になった感は否めない。とはいえ期待の大野投手だったが、結果としては4回5失点。流れに乗って初勝利とはいかなかった。球数が多かった割に、勝負所が甘かった。確かに変わらず球に力はあったが荒れていた。見ている側としては中田賢一とそこまで大きな差があったか?とも思えたが、バッテリーで反省する点があるのだろう。

個人的には内容は悪かったが、ホームランを打たれるようなボールでは無かったと思う。どれだけ分かっているつもりでも柳田というバッターの恐ろしさを分かっていなかった。対するソフトバンクはビシエドの怖さを分かっていた。これまでの2戦の結果が影響したこともあるだろう。一流打者は力だけでは抑えられない。松坂、ガルシアの投球から吸収することもあるはず。次回チャンスはあるかもしれないが今回のような楽な場面ではないはず、変わらずに期待したい。

打線は勝負所で抑えられた。中田賢一は相当勝つことに慣れた投手になっていた。初回、工藤監督のリクエストも効いた。これだけリクエストの映像を流されると、審判頼むよ!ってなるが『ボール』と『走者の足元』なんて同時に見れるか!という審判の苦悩も伝わってくる。とはいえ審判がアウトと判断していれば森監督が権利を失う可能性もあり、運が良かったのかもしれない。

京田が2番に落ちて結果を残せていない。解説の彦野さんが1番の方が楽に打てる、と言われていたが個人的には楽をされては困る。既にベストオーダーを組むことが真の目的ではないことは明白、将来を見据えた打線を組むことが大事、ここはファンもOBも共有しなければならないと思う。大島にも楽をされては困るのだが、1番センターはこのまま次世代に繋いでもらいたい。まだまだ先の話だが。

5回のアルモンテの打席、今宮の守備が凄かった。ビシエドの攻め方といい5回を1点に抑えられたのは痛かった。そしてこれまで2安打の平田。一発で同点であったりと雑念が多く生まれる場面、押し出し四球でも良かったけどな、相手が嫌がる野球が出来るか?相手がいるスポーツ、簡単にヒーローにはなれない。ただ今年の平田は本当にヒーローになれていない。ここはある種チームの『伸びしろ』だと思う。平田が真のヒーローになれる力を発揮してくれれば上位へ行ける。平田に対する期待は大きい分、物足りなさを感じる。打率、出塁率が高く、守備走塁が良くてもなかなか評価されない。一年通して活躍し、ようやく彼は評価される。それくらいの選手なのだと思う。

ところで大野雄登録の代わりに抹消されたのは松井雅捕手。普通に考えると明日大野雄抹消、火曜日に捕手が上がってくるが木下だろうか?他の野手と違い捕手は本当に難しい。ベテラン投手が結果を残しているうちに若手捕手と組ませた方が将来的には良いのだろう。調子が悪い時は継続し、良い時に動く。ファンとしてはなかなか受け入れづらいが今は耐えるしかない。

なんとか五分で乗り切った今週、来週以降もずーっと五分を継続できればワンチャンスある。苦しいときは来るだろうが何とか乗りきって欲しい。初戦は山井かな?期待しています。


にほんブログ村


Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。