投打に自滅

楽天生命パークで行われた楽天との1回戦は1-5で楽天の勝利。

お互いの得点がすべてフォアボールで出たランナーというグダグダな試合でしたが、チャンスでしっかりヒットを打った楽天に軍配が上がりました。

先発の山井は本当に初回の投球が悔やまれます。
スライダーが頼りにならず、打たれたヒットは1本だけなのにフォアボール4つが響いて3失点。
スライダーでストライクが安定して取れないのはウィーラーに出したフォアボールの出し方で分かっていたはずなので、アマダーに対してスライダーを続けてカウントを悪くした組み立てにはちょっと問題があったかもしれませんね。

もちろん長打を打たれて大量失点が最悪なのでフォアボールという結果だけを責めるべきでは無いでしょう。
しかし、初回の山井のスライダーが長打を防ぐのに有効だったとは私には思えず、結果的に次の島内にタイムリーを打たれて3失点してしまったことを踏まえれば、アマダーに対してもっとストレートを軸にした投球をしてもらいたいと感じました。
まぁ、先頭の田中に対してストレートが決まらずフォアボールを出し、今江にはフォークを決めきれずフォアボールを出しているので山井の状態もたいがい酷く、大野奨太も頭が痛かったのでしょうが……

2回以降はストライクゾーンにポンポン投げ込む投球ができるようになり、リズムよくアウトを重ねてくれました。
初回の状態からいち早く立て直せたことをベテランらしいと褒めるべきか、このピッチングを初回からできなかったことをベテランらしくないと責めるべきか……
ただのファンに過ぎない私はとにかくポジティブに考えてベテランらしさを出してくれたととらえようと思います。

山井は球数の問題もあったのか6回に追加点を取られてイニング途中で降板。
結局まともに打たれたのが島内と最後の嶋だけなので、そういう意味でも悔やまれるピッチングになってしまいました。
次がいつになるのかは分かりませんが、その時は自滅という形は避けてもらいたいですね。

山井が取られた4点目も痛かったのですが、岩瀬が残したランナーを木下雄介が返してしまった5点目が致命傷に。
気になったのは岩瀬の使い方。
先頭は代打が出ることが考えにくい両打の田中なのは分かっていたので、ここで岩瀬を出すならウィーラー、今江と右打者が続くからと代えず、点を取られるまでこのイニングを任せきってもよかったのかなと。
今シーズンの岩瀬の対左被打率と対右被打率はそれぞれ.242、.269と対して変わりません。去年に関して言えば対左の方が打たれています。それなら右打者が出てくるからといってピッチャーを代える必要はないはず。
どうしても左打者に対して投げさせたいならそれを徹底する。右打者との対戦もありだと考えているなら右打者が出てきたからといって安易に変えない。個人的にはそういう一貫性のある使い方をしてもらいたいと考えています。

岩瀬の後に出てきた木下雄介はキャリアの割に出てくる場面がシビアだったとも言えますが、3点ビハインドというシチュエーションを踏まえれば、ランナーがいる状況でのテストとして最適だったともいえるでしょう。
このイニングの木下はウィーラーにストライクが入らずフォアボール、続く今江に追い込んでからタイムリーといいアピールができませんでした。
ですが、2球で追い込んでから2球外角に外した配球は、直前にストライクが入らずフォアボールを出していたことと木下のコントロールを鑑みれば厳しい組み立てだったのかもしれませんね。

8回裏のピッチングは素晴らしいものだったので、あのピッチングがピンチで出てきた時にもできるようになったらもっと登板機会は増えるでしょう。

攻撃の方は2番に平田、5番にモヤ、9番に京田を入れる新しいオーダーに。
もしかしたら大島と京田の入れ替えは今日からの6連戦を見据えて大島を1番に慣らしておきたかったからなのかもしれませんね。

今日はこの打線がどう機能するかが見どころでしたが、2番平田は機能したものの、外国人クリーンナップが抑え込まれて得点が増えることはありませんでした。
また、初回のチャンスでまたも中途半端にスイングして三振した福田の打席はとてももったいなく見えました。
「ストレートを狙っていたのに変化球が来たから思い切り空振りしてしまい打てなかった」それなら仕方がありません。ですが、福田は「ストレートを狙っていたのに変化球が来て、中途半端に振って打てなかった」を繰り返していいバッターではないと思います。

以前、波留だったか土井だったかがうちのバッターはチャンスがピンチになってしまうと言っていました。その顕著な例が福田でしょう。彼がチャンスで中途半端なスイングで凡退していく姿を今シーズン何度見たか分かりません。
理屈で言えば2番平田は体調が許すのであれば指名打者制が無くとも試してもいい打順でした。しかし、平田が抜けた5番に今の福田を入れる他ない現状では試したくても試せないのかもしれませんね。

9番に入った京田も0アウト1塁、2塁で最低限どころかインフィールドフライを打ち上げる最悪と言ってもいい打撃をしてしまいました。
1球ファールになるまでバントしていたところから察するに、首脳陣は最低でも1アウト2塁、3塁(あるいは1塁、3塁)の形を作ってもらいたかったのでしょう。
ならば京田がするべきことは引っ張ったゴロを打つこと。追い込まれてからは特にそれを徹底するべきでした。しかし、京田は最後まで強い打球を打ちたいという意識を消せなかったかのようなスイングでフライを打ち上げる打撃に。
続く大島もインフィールドフライだったように、中日はランナーを進める攻撃があまりうまくできませんね。

京田の将来を考えて強いスイングで強い打球を打つという方向性は支持したいと思っています。
ですが、それはすべてのシチュエーションで許されることではありません。
京田が30ホーマーを狙えるスラッガーなら進塁打なんて考える必要は無いでしょう。ですが、今の京田は30どころか10ホーマーも難しいバッターで、しかも今日は9番に入っているバッターです。
それなら時に進塁打を打ってもらわなければなりませんし、それができないのであれば使い勝手が悪い選手と言わざるを得ません。

最終回、京田には代打が出されました。数字を見れば京田は打てないバッターで、今日は最低限ができなかった選手です。結果的に代打で出て行った亀澤は打てませんでしたが、この采配は当たり前と言えば当たり前の作戦でした。
京田は将来の為にある程度我慢して使っていくべきだという思いは変わりませんが、何が何でもフル出場させる必要はありません。今日のような打撃が続くなら今後も京田には代打を出すべきですし、京田は代えられたくないならもっと打てるように、最低限ができるようにレベルアップするしかないでしょう。
まずは明日京田がスタメンで使われるのか、そして使われたのならどんなプレーをするのかに注目したいですね。

外国人の調子が以前ほどよくない今の中日打線にとって大事になるのはやはり平田の打順でしょう。
今日の2番平田が機能したと考えるなら明日も似たようなオーダーを組めばいいでしょうし、5番以降の物足りなさを解決するべきだと考えるなら5番に平田を戻して1番京田、2番大島を復活させればいいでしょう。
また、明日の先発小笠原には今日のようにフォアボールで自滅することのないようストライク先行で行ってもらいたいですね。

ここ2試合、守りではフォアボールをきっかけにランナーをためて失点し、攻撃ではランナーをためてからの1本が出ないもどかしい試合になってしまっています。
そういうもどかしさを晴らすような試合に期待しましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

Source: やっぱり竜が好き

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。