【交流戦】オリックス1回戦(京セラドーム大阪)。

 ◇スタメン

【オリックス】
① 8 小田
② 5 西野
③ 3 小谷野
④ 9 吉田正
⑤ D ロメロ
⑥ 6 安達
⑦ 7 Tー岡田
⑧ 4 大城
⑨ 2 若月
先発 アルバース

【広島】
① 6 田中
② 4 菊池
③ 8 丸
④ 9 鈴木
⑤ D 松山
⑥ 3 新井
⑦ 7 野間
⑧ 2 會澤
⑨ 5 西川
先発 福井

☆先発は、オリックスがアルバース、カープが福井。さて福井くんがどんなピッチングを見せてくれるか。アルバースは140㎞前後のストレートで、ゾーンでどんどん勝負してくるみたいですから、早くフォームの特徴をつかんで攻略したいところ。まず1つ、取りましょう!

(C)1回表
①田中セカンドゴロ、②菊池三振、③丸レフトフライ、この回三者凡退、無得点。…田中くんはフルカウントから真ん中低めボール球ストレート、菊池は0ー2から内角ストレート、丸はフルカウントから真ん中つり球。

(B)1回裏
①小田ハーフスイングを取られ三振、②西野セカンドゴロ…小田は1ー2から外角ワンバウンドのフォーク、西野は0ー1から外角低めストレート。
 2死
③小谷野 ファースト内野安打…1ー1から外角低めスライダー、新井さんダイビングキャッチ及ばず。
 2死1塁
④吉田正 レフトフライ、この回無失点。…2ー2から7球目内角高めストレート。

(C)2回表
④鈴木三振、⑤松山ショートゴロ、⑥新井センターフライ、この回三者凡退、無得点。…誠也くんは0ー2から外角高めストレート、松山は初球真ん中高めツーシーム、新井さんは2ー2から7球目真ん中低めツーシーム。

(B)2回裏
⑤ロメロ ファーストフライ…0ー2から4球目内角低めボール球ツーシーム。
 1死
⑥安達 四球
 1死1塁
⑦T-岡田 レフトフライ…1ー2から外角フォーク。
 2死
⑧大城 左中間スタンドへ先制2ランホームラン、オリックス先制、オ2-0広。…2ー2から8球目真ん中低めボール球スライダー。ちょっと読まれてましたかね。
 2死
⑨若月 センターフライ、この回2失点。…0ー1から真ん中低めボール球スライダー。

(C)3回表
⑦野間セカンドゴロ、⑧會澤ライトフライ、⑨西川サードゴロ、この回三者凡退、無得点。…野間くんは1ー0から真ん中高めツーシーム、会沢は1ー2から内角ストレート、西川くんはフルカウントから真ん中高めストレート。3回までパーフェクトに抑えられてます(-_-;)

(B)3回裏
①小田ショートゴロ、②西野セカンドゴロ、③小谷野センターフライ、この回三者凡退、無失点。…小田は2ー2から外角高めフォーク、西野は2ー2から内角高めスライダー、菊池スライディングキャッチ、小谷野は0ー2から6球目真ん中高めフォーク。

(C)4回表
①田中ピッチャーゴロ、②菊池ファーストファウルフライ、③丸センターフライ、この回三者凡退、無得点。…田中くんは0ー2から4球目外角低めボール球スライダー、菊池は2ー2から6球目内角つり球、丸は1ー2から外角ストレート。

(B)4回裏
先頭④吉田正 ライト前ヒット…初球ど真ん中カットボール(-_-;)
 無死1塁
⑤ロメロ レフト前ヒット…0ー2から外角低めスライダー。ボールでいいんですけどね(-_-;)
 無死1・2塁
⑥安達 送りバント
 1死2・3塁
⑦T-岡田 レフトへ犠牲フライ、オ3-0広。…3ー1から外角つり球。
 2死2塁
⑧大城 ショートゴロ、この回1失点。…2ー0から外角高めストレート。

(C)5回表
④鈴木ショートゴロ、⑤松山ショートゴロ…誠也くんは初球内角チェンジアップ、松山は1ー1から外角低めストレート。
 2死
⑥新井 ライトスタンドへホームラン オ3-1広。…3ー1から内角低めストレート。タイミングが合ってるのは新井さんだけですかね。
 2死
⑦野間 四球…ここはもう1点ほしいところ。
 2死1塁
⑧會澤 セカンドライナー、この回1点。…2ー0から真ん中低めストレート。う~ん、ライナーですか(-_-;)

(B)5回裏
⑨若月三振、①小田ファーストゴロ、②西野三振、この回三者凡退、無失点。…若月は2ー2から6球目内角低めボール球フォーク、小田は2ー2から6球目外角フォーク、西野は1ー2から5球目内角低めボール球スライダー。

(C)6回表
⑨西川 セカンドゴロ…初球真ん中低めストレート。
 1死
①田中 レフトへツーベース…2ー1から外角高めストレート。さあチャンス。
 1死2塁
②菊池 セカンドゴロ、ランナー3塁へ。…0ー2から外角低めボール球チェンジアップ。
 2死3塁
③丸 ショートゴロ、この回無得点。…2ー2から6球目外角低めボール球スライダー。

(B)6回裏
③小谷野ショートゴロ、④吉田正セカンドゴロ…小谷野は1ー2から6球目真ん中低めフォーク、吉田正は2ー1から外角低めスライダー。
 2死
⑤ロメロ バックスクリーンへホームラン、オ4-1広。…初球ど真ん中スライダー(-_-;)
 2死
⑥安達 ショートゴロ、この回1失点。…2ー1から真ん中低めストレート。

(C)7回表
④鈴木見逃し三振、⑤松山セカンドゴロ、⑥新井ハーフスイングを取られ三振、この回三者凡退、無得点。…誠也くんはフルカウントから内角低めストレート、松山は1ー2から内角ストレート、新井さんは0ー2から内角つり球。う~ん誠也くんのは明らかなクソボール(笑)。

(B)7回裏、投手アドゥワ(C)。
⑦T-岡田ファーストゴロ、⑧大城ライトフライ、⑨若月レフトフライ、この回三者凡退、無失点。…Tー岡田は0ー1から外角カーブ、大城は2ー2から6球目外角低めチェンジアップ、若月は1ー2から5球目真ん中低めチェンジアップ。

(C)8回表、投手山本(B)。
⑦野間ファーストゴロ、⑧會澤ライトフライ、⑨西川ショートゴロ、この回三者凡退、無得点。…野間くんは初球外角低めボール球フォーク、会沢は1ー1から外角低めカットボール、ライト吉田正スライディングキャッチ、西川くんは1ー2から外角フォーク。

(B)8回裏、投手永川(C)。
①小田三振、②西野の代打福田見逃し三振…小田は2ー2から外角高めスライダー、福田は2ー2から6球目外角高めスライダー。
 2死
③小谷野 四球
 2死1塁
④吉田正 セカンドゴロ、この回無失点。…初球真ん中高めストレート。

(C)9回表、投手増井(B)。④吉田正に代わりセンター武田、センター小田がライト、②西野の代打福田そのままセカンド、セカンド大城がサード。
①田中見逃し三振、②菊池三振…田中くんはフルカウントから8球目内角低めフォーク、菊池は1ー2から外角ワンバウンドのフォーク、4球オールフォーク。
 2死
③丸 ストレートの四球
 2死1塁
④鈴木の時、増井ワイルドピッチ
 2死2塁
④鈴木 フルカウントから外角150㎞ストレートに三振、この回無得点、ゲームセット。

オリックス 対 広島 (オ1勝0敗0分 18時00分 京セラドーム大阪 25316人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
C 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
B 0 2 0 1 0 1 0 0 X 4
勝 アルバース 11試合8勝1敗
敗 福井 1試合0勝1敗
S 増井 27試合1勝0敗S17
ホームラン 大城3号②(福井) 新井2号(アルバース) ロメロ9号(福井)

【広島】
      打 安 点 打率 本
① 6 田中  4 1 0 .268 3
② 4 菊池  4 0 0 .257 7
③ 8 丸   3 0 0 .297 7
④ 9 鈴木  4 0 0 .300 6
⑤ D 松山  3 0 0 .297 5
⑥ 3 新井  3 1 1 .244 2
⑦ 7 野間  2 0 0 .354 3
⑧ 2 会沢  3 0 0 .336 6
⑨ 5 西川  3 0 0 .273 1
計     29 2 1 .257 57
残塁3、併殺0

【オリックス】
      打 安 点 打率 本
①89小田  4 0 0 .318 1
② 5 西野  3 0 0 .245 0
打 4 福田  1 0 0 .239 0
③ 3 小谷野 3 1 0 .232 1
④ 9 吉田正 4 1 0 .297 9
  8 武田  0 0 0 .111 0
⑤ D ロメロ 3 2 1 .216 9
⑥ 6 安達  1 0 0 .242 3
⑦ 7 T-岡田
      2 0 1 .236 6
⑧45大城  3 1 2 .256 3
⑨ 2 若月  3 0 0 .220 0
計     27 5 4 .232 46
残塁3、併殺0

【広島】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
福井  1 0 1 0 6 102 5 3 1 4 6.00
アドゥワ
    23 1 0 0 1 13 0 0 0 0 2.51
永川  2 0 0 0 1 17 0 2 1 0 0.00

【オリックス】
    試 勝 敗 S 回 球 安 三 四 自 防御
アルバース
    11 8 1 0 7 96 2 4 1 1 2.49
山本  22 3 0 1 1 8 0 0 0 0 1.23
増井  27 1 0 17 1 22 0 3 1 0 1.82

◇暴投 増井(9回)
◇試合時間 2時間27分

☆2時間27分って、高校野球ですか(笑)。

◇オリックス 広島戦の連敗9でストップ!アルバース リーグ単独トップの8勝目 6/12(火) 20:45配信 スポニチアネックス

 ◇交流戦 オリックス4-1広島(2018年6月12日 京セラD)

 オリックスが15年以来続いていた広島戦の連敗を9で止めた。

 先発のアルバースは7回を投げ2安打1失点の好投でリーグ単独トップの8勝目をマーク。

 打線は二2回に大城の2戦連発となる2ランで先制し、4回にはT―岡田の犠飛、6回にはロメロの9号ソロで加点した。

 広島は、5回に新井が2号ソロを放つも、2安打に抑えられ連勝が3でストップ。先発の福井は、今季初登板も6回4失点で敗戦投手となった。

☆あら、3年間、1つも負けてなかったんですね。

◇緒方監督、先発福井は「詰めの甘さあった」一問一答 6/12(火) 22:28配信 日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス4-1広島>◇12日◇京セラドーム大阪

 広島の連勝が3で止まった。

 打線はベテラン新井が2号ソロを放ったが、初対戦のアルバースに苦しんで今季最少タイの2安打1得点。今季初登板の先発福井は2本塁打を許して6回4失点の黒星だった。15年から続いていた同カードの連勝も9で止まった。

 緒方孝市監督の談話は以下の通り。

 -福井は丁寧に投げようとしていた印象

 緒方監督 いいボールもあった。けれど、詰めの甘さがあった。2回の2ランは低めの変化球をうまくとらえられたけどね。

 -2安打にとどまった

 緒方監督 最後まで打線がタイミングを合わせられなかったね。

☆福井くん、ねぇ。

◇広島の福井、手痛い2発=プロ野球 6/12(火) 22:03配信 時事通信

 広島は今季初登板の福井が手痛い2本塁打を浴びた。二回2死一塁から大城にスライダーを左中間席へ運ばれ、「うまく打たれてしまった」。六回は2死後にロメロに初球のスライダーを中越えに打ち込まれた。「ボールから入りたくなかった。もったいないと言えば、もったいない」。6回5安打4失点で黒星が付いた。

 開幕2カ月でようやく巡ってきた登板機会。「ストライク先行で投げられ、直球も走っていた。悲観することはない。次があるかどうか分からないが、しっかり準備したい」と前を向いた。

☆ロメロにボールから入りたくなかった、ってのは、何なんでしょうね。2死無走者ですから、そんなに神経質になる必要はないと思うんですけどね。

☆で、確かに福井くんらしいストレートもあったんですが、打たれた5本のヒットは、全てスライダーかカットボール。スライダーを投げる時に腕が緩むので、バッターに読まれるんじゃないですかね。

☆で、ストレートが良かったんなら、もっとストレートを見せたり、ストレートでカウントを稼いでおけば、甘い変化球も打ち損じてくれると思うんですけどね。まーまーさんも、例えば巨人なんかは福井くんの荒れ球に相当腰が引けてる、とおっしゃってましたし、黒田さんの「お前、エグい球投げるな」は、福井くんのストレートの特徴をよく表していると思います。

☆つまり、変にまとまってしまうから、「6回4失点」のピッチャーになる訳で。今村くんは最近スライダーをあまり投げなくなりましたが、福井くんも基本はストレートとフォークで勝負して、スライダーはほんとに見せ球でいいんじゃないでしょうか。

◇広島・福井、今季初登板飾れずも「全然悲観することはない」 2018.6.12 22:05 サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、オリックス4-1広島、1回戦、オリックス1勝、12日、京セラ)

 今季初登板先発した広島の福井は2本塁打を浴びるなどして6回4失点。敗戦投手となったが「自分の球をストライク先行で投げられた。全然悲観することはないと思う」と前向きだった。

 二回は大城に粘られた末に先制2ラン、六回はロメロに初球を中越えに運ばれた。「向こうの投手も良かったので、もうちょっとロースコアでいきたかった」と敗戦の責任を背負い、「(1軍で次回登板が)あるかないか分からないが、しっかり準備したい」と声に力を込めた。

☆さてこの「悲観することはない」を、我々ファンはどう受け止めるべきか。勝ちたいという気持ちが見えない、とおっしゃってたブロガーさんもいましたが、どうでしょう、今の福井くんにそこまで求めるのは、ちょっと酷なのかも知れません。

◇ハム斎藤、西武大石、広島福井…2010年ドラ1「早大三羽烏」が同日登板で明暗 6/12(火) 22:22配信 Full-Count

◆斎藤は4回7失点、福井は6回4失点でそれぞれ敗戦投手に

 12日に行われたプロ野球で、かつてドラフトで大きな注目を集めた3人の投手が、同じ日にマウンドに上がった。2010年のドラフト1位で入団した日本ハムの斎藤佑樹投手、広島の福井優也投手、西武の大石達也投手。「早大三羽烏」と呼ばれ、史上初めて同一大学の投手3人が1位指名を受けた期待の星たちだった。

 この日、斎藤は本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発登板。福井は敵地・京セラドームで行われたオリックス戦で今季初先発のマウンドに上がり、大石は県営大宮球場で行われたヤクルト戦で5番手で登板した。

 早大時代大きな注目を集めた3人だったが、この日の登板では明暗が分かれることになった。

 今季2度目の先発登板となった斎藤は、序盤から制球に苦しみ4回までに6四球。ここに8安打2本塁打を集められて、大量7失点。4回でノックアウトされ、今季初勝利を逃した。

 今季初先発の福井もまた6回4失点で敗戦投手に。オリックス打線を5安打に抑えたものの、大城に2ラン、ロメロにソロを浴びる など一発に泣いてこちらも今季初勝利を逃すこととなった。

 唯一無失点に抑えたのは、ドラフト指名時に6球団が競合した大石。2点ビハインドの8回に5番手として登板すると、1イニングを3者凡退に抑え、わずか10球で料理した。今季唯一の登板となっていた4月17日の日本ハム戦で打者4人に対して3四球を与えて2軍降格となっており、復帰戦で結果を残した。

 それぞれ大きな期待を背負ってプロの世界に飛び込んだ3人だが、ここまでは際立った活躍は残せていない。斎藤と福井は30歳となり、大石も10月に30歳。中堅となった3投手にとって、そろそろ確固たる結果が欲しいところだ。

☆30歳になり、状況的には結構追い詰められている訳ですが、それでもモチベーションを保って、自分のピッチングをすること。これまでは、結果を求めすぎて失敗した印象もありますから、福井くんが「チームの勝ちに貢献できるピッチャー」になるためには、焦りは禁物なのかも知れません。

☆同じく状況的には結構追い詰められている、ベテラン。

◇永川 2試合連続無失点も「いろんな球の精度を上げていかないといけない」 2018.06.12. デイリースポーツ

 「交流戦、オリックス4-1広島」(12日、京セラドーム大阪)

 広島・永川勝浩投手が、3点ビハインドの八回に登板し、1回を無安打無得点に抑えた。これで2試合連続無失点となった。

 試合後は「結果的にゼロに抑えられたのは良かったけど、いろんな球の精度を上げていかないといけない」と分析。「コントロールやキレ」を課題に挙げていた。

 永川は昨年9月に左膝のクリーニング手術を受け現役続行を決断。7日の日本ハム戦(マツダスタジアム)で2016年5月25日の巨人戦以来743日ぶりに1軍マウンドを踏んでいた。

☆大事なのは、モチベーション。

◇復活への一歩を踏み出した、永川が燃やす情念の炎 6/10(日) 12:36配信 スポニチアネックス

 小雨に煙る6日のマツダスタジアム。日本ハム戦に備えた投手練習の輪の中で、永川と中崎が入念にダッシュを繰り返していた。言わずと知れた、広島の新旧守護神。合間には会話を交わす姿もあった。その内幕を“前任者”が明かした。

 「印象に残る試合があり、ザキ(中崎)に聞いてみたいことがあったんです。ベストピッチなのか、どういう気持ちで投げたのか」

 4月14日の巨人戦。坂本、吉川尚、ゲレーロを11球で打ち取り、3―2の9回を締めた中崎の精密な投球がハートに響いた。「答えはベストピッチでした。“そうじゃない”と言われたら、どうしようと思った」。そう言って永川は笑った。

 翌7日、右腕は1軍のマウンドに立った。4―8の8回に登板すると、中田をカットボール、レアードをフォークで空振り三振に斬るなど、イニングをまたいで2回を零封。直球は最速147キロを計測し、制球にも以前にない安定感があった。

 「近年が悪すぎたけど、状態は一番いい。技術的な底辺が上がっていると思います」

 通算165セーブを誇る右腕だが、1軍登板は16年5月25日の巨人戦以来。左膝痛で走り込めず、引退危機に直面していた。走れるようになれば、もっといい投球ができる―。情念は消えず、球団の後押しもあって昨年9月末に手術。リハビリに励み、2年ぶりに表舞台に戻って来た。

 「1ミリでも成長がないなら、野球をやる意味がない。ただ、若手よりもいいボールを投げ、少しでも勝負できると思えるうちは、野球をやっていたい」

 残り少ない松坂世代で、広島投手最年長の37歳。一途に汗を流すベテランは、若いブルペン陣には格好の手本であり、アドバイザーだ。中崎は言う。「ボクの試合をよく観てもらっている。同じ目線でのフォームや投球の助言はありがたい」

 16年目に踏み出した一歩。永川の立場はまだ強固と言えず、3連覇を目指す組織の中では、結果はもちろん、チーム事情によっても降格の可能性がある。それでも必死に前進する。1軍復帰が最終目標ではなく、その先を見ているからだ。

 「投げ続ける以上、セーブを挙げる役割を担いたい。戻りたい。その気持ちが無くなったら終わり。ただ、今のザキはレベルが高いので、ハードルも相当に高いですけどね」

 心技体をもっと磨けば、中崎のベストピッチに追い付ける―。柔和な表情で語った言葉に、ベテランが燃やす情念の炎が透けて見えた。

☆いやいや、中崎くんの代わりに永川さんが守護神なんて、無理無理、と誰もが思うでしょうが(笑)、本人がそう思ってしまっては、おしまいということ。この歳でケガをしてもここまで持ち直せたのも、そういう情念があるからなのでしょう。

☆会沢も、永川さんの時は結構ストレートで押すんですよね。今回のピッチングをよく反省して、会沢も福井くんの次の登板の時は、組み立てを考えてあげてほしいものです。

☆打線は、アルバースを捉え切れず。

◇制球抜群で8勝目=アルバース、広島封じる-プロ野球・オリックス 6/12(火) 22:51配信 時事通信

 テンポのいい投球に、セ・リーグ首位の広島打線が封じられた。オリックスのアルバースがわずか2安打に抑え、2015年以来続いていた広島戦の連敗を9で止めた。

 制球が抜群だった。足を使って揺さぶりをかけてくる広島打線にアルバースは「塁に出さないようにした」。角度のある直球と落差のある変化球でバットの芯を外し、新井にソロを許したが、五回2死までは走者を一人も出さなかった。

 六回1死から田中に二塁打を許したが、菊池、丸を難なく内野ゴロで仕留め、七回も3人でぴしゃり。「いつも通り攻めの投球でストライク先行でいけた」と胸を張った。

 開幕当初は先発ローテーションの6人目だったが、プレートの踏む位置を変えるなど試行錯誤し、リーグトップの8勝目とオリックス投手陣を支えている。「野手陣が点を取ってくれたし、守ってくれた。若月もいいリードをしてくれた。僕一人の勝利ではない。皆に感謝している」と謙虚に話した。

☆制球が抜群、というのは、ゾーンに投げられる、ということ。針の穴を通すコントロールがある訳ではありません。ただ、構えた時から両腕がかなり高い位置にあって、足を上げてからリリースまでが、異常に早い。ストレートは140㎞そこそこのフォーシームなんですが、タイミングが合わない。て言うか、フォームの割に、思ったほどストレートが来ないんだと思います。新井さんは、フォームに惑わされず、自分のポイントに来るまで待って、来たところで振っていたので、ホームランになったんだと思います。

◇広島・新井、得意の右方向へ一発「強引にならないように注意していた」 2018.6.12 22:08 サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、オリックス4-1広島、1回戦、オリックス1勝、12日、京セラ)

 広島の新井が0-3の五回2死走者なしからチーム初安打となる反撃の一発を放った。やや変化しながら入ってきたアルバースの134キロを得意の逆方向へ運ぶ。打球は右翼ポール際に吸い込まれ「バッティングカウントだったが、強引にならないように注意していた」と振り返った。

 それまで完璧に抑え込まれていたサウスポーを捉えた、5月23日以来の2号で重たい雰囲気を振り払った。しかしチームはこの1得点のみに終わり、緒方監督は「最後まで打線がタイミングを合わせられなかった」と嘆いた。

鈴木(アルバースに3打数無安打、2三振)
「何でかは分からないが、のらりくらりといかれてしまった」

広島・畝投手コーチ(福井に)
「悪くはなかったけど、全体的にコースが甘かった」

☆誠也くんの見逃し三振は、ひどかったですね。あんなのストライクに取られては、そりゃ集中力も切れます。

☆で、どうもカープ打線は、重い感じ。菊池なんかは相当バットのヘッドが下がってる感じで、全体的に疲れてるのか、何なのか。増井なんて2死から丸をストレートで歩かせて暴投ですから、つけ入る隙はあったと思うんですけどね。菊池がボール球を振りまくって三振したのが、痛かった。

☆で、オリックス打線も、そんなに当たってる訳じゃない。吉田正が怖いな、と思ってたのですが、状態はそんなに良くない。きっちり組み立てれば、抑えられると思います。

☆てな訳で、投打とも、しっかり自分たちのやるべきことをやれば、次は勝てると思いますよ。できるかどうかだけで。

◇交流戦

▽日本ハム 5 – 10 阪神 (1回戦 F0-1 札幌ドーム)
 阪神は2-0で迎えた4回表、高山の3ランと中谷の2ランで追加点を挙げる。その後は、8回に糸原と中谷に適時打が飛び出し、終わってみれば12安打で10得点を挙げた。投げては、先発・メッセンジャーが今季8勝目。敗れた日本ハムは、先発・斎藤佑樹が乱調だった。
勝 メッセンジャー 8勝3敗0S
敗 斎藤佑樹 0勝1敗0S
本塁打 [阪神] 高山1号(4回表3ラン) 中谷2号(4回表2ラン)

▽楽天 5 – 1 中日 (1回戦 E1-0 楽天生命パーク)
 楽天は1回裏、島内の適時打などで3点を先制する。その後3-1で迎えた6回に島内の適時三塁打で1点を加えると、続く7回には今江の適時打が飛び出し、リードを広げた。投げては、先発・古川が6回途中1失点で今季2勝目。敗れた中日は、打線が散発4安打と沈黙した。
勝 古川 2勝1敗0S
敗 山井 2勝1敗0S

▽西武 1 – 3 ヤクルト (1回戦 L0-1 県営大宮)
 ヤクルトが3連勝。ヤクルトは3回表、バレンティンの2点適時打で先制に成功する。続く4回には、2死一三塁から山田哲に適時二塁打が飛び出し、リードを広げた。投げては、先発・石川が7回途中1失点の好投で今季4勝目。敗れた西武は、打線が振るわなかった。
勝 石川 4勝2敗0S
敗 カスティーヨ 4勝4敗0S
セーブ 石山 2勝0敗10S

▽ソフトバンク 2 – 8 巨人 (1回戦 H0-1 ヤフオクドーム)
 巨人は2回表、小林と坂本勇の連続適時打で4点を先制する。続く3回に亀井の2ランで追加点を挙げると、6-1で迎えた6回には、田中俊の適時打でリードを広げた。投げては、先発・山口俊が7回1失点で今季5勝目。敗れたソフトバンクは、先発・武田が試合をつくれなかった。
勝 山口俊 5勝5敗0S
敗 武田 2勝5敗0S
本塁打 [巨人] 亀井6号(3回表2ラン)

▽ロッテ 3 – 0 DeNA (1回戦 M1-0 ZOZOマリン)
 ロッテは初回、中村の適時打で幸先良く先制する。続く2回裏にドミンゲスのソロで追加点を挙げると、7回には鈴木にソロが飛び出し、リードを広げた。投げては、先発・石川が7回無失点で今季7勝目。敗れたDeNAは、好投した先発・ウィーランドを打線が援護できなかった。
勝 石川 7勝3敗0S
敗 ウィーランド 2勝4敗0S
セーブ 内 1勝2敗14S
本塁打 [ロッテ] ドミンゲス7号(2回裏ソロ) 鈴木2号(7回裏ソロ)

☆今日は3勝3敗。ヤクルトが強いですわ。ピッチャーが、ほんとにいい。で、バレ・山田が引っ張ってます。

順 チーム名 試 勝 敗 引 勝率 差
① ヤクルト 12 10 2 0 .833 ー
② 西武   12 7 5 0 .583 3
③ ロッテ  12 7 5 0 .583 0
④ ソフバン 12 7 5 0 .583 0
⑤ オリクス 12 7 5 0 .583 0
⑥ 広島   12 6 6 0 .500 1
⑦ 巨人   13 6 7 0 .462 0.5
⑧ DeNA 11 5 6 0 .455 0
⑨ 日本ハム 12 5 7 0 .417 0.5
⑩ 中日   13 5 8 0 .385 0.5
⑪ 阪神   11 4 7 0 .364 0
⑫ 楽天   12 3 9 0 .250 1.5

☆ヤクルトとは4ゲーム縮まった、ということになります。

順 チーム  試 勝 負 分 勝率 差
① 広島   57 33 23 1 .589 ー
② 阪神   55 27 28 0 .4909 5.5
  ヤクルト 56 27 28 1 .4909 0.0
④ DeNA 55 26 27 2 .4906 0.0
⑤ 巨人   59 28 30 1 .483 0.5
⑥ 中日   60 27 32 1 .458 1.5

☆ヤクルトは、遂に2位。2~4位は、ゲーム差なし。

◇【12日のプロ野球公示】日本ハム・斎藤、広島・福井を登録 阪神は北條、江越を抹消 6/12(火) 16:08配信 ベースボールチャンネル

 日本野球機構は12日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。

<セ・リーグ>
【登録】
広島      投手   福井 優也
阪神      内野手  熊谷 敬宥
阪神      外野手  高山 俊
中日      捕手   木下 拓哉

【抹消】
阪神      内野手  北條 史也
阪神      外野手  江越 大賀

※6月22日以後でなければ出場選手の再登録はできない。

<パ・リーグ>
【登録】
西武      投手   南川 忠亮
西武      投手   D.ヒース
楽天      投手   福山 博之
楽天      内野手  山崎 剛
楽天      内野手  J.アマダー
楽天      外野手  島内 宏明
楽天      外野手  O.ディクソン
日本ハム    投手   斎藤 佑樹
日本ハム    投手   有原 航平
日本ハム    内野手  松本 剛
ロッテ     投手   成田 翔

【抹消】
ロッテ     投手   土肥 星也

※6月22日以後でなければ出場選手の再登録はできない。

◇6月13日(水)の予告先発投手

○北海道日本ハムファイターズ
上沢 直之
10試合5勝2敗 防御率2.10 WHIP1.09
対T 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –
 VS (札幌ドーム 18:00)
○阪神タイガース
小野 泰己
9試合3勝2敗 防御率3.83 WHIP1.48
対F 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –

○東北楽天ゴールデンイーグルス
近藤 弘樹
1試合0勝1敗 防御率4.15 WHIP2.08
対D 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –
 VS (楽天生命パーク 18:00)
○中日ドラゴンズ
小笠原 慎之介
9試合1勝5敗 防御率4.14 WHIP1.41
対E 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –

○埼玉西武ライオンズ
今井 達也
0試合0勝0敗 防御率0.00 WHIP-
対S 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –
 VS (メットライフ 18:00)
○東京ヤクルトスワローズ
D.ブキャナン
11試合5勝3敗 防御率2.65 WHIP1.23
対L 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –

○千葉ロッテマリーンズ
有吉 優樹
17試合1勝1敗 防御率3.25 WHIP1.39
対DB 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –
 VS (ZOZOマリン 18:15)
○横浜DeNAベイスターズ
E.バリオス
4試合2勝1敗 防御率4.66 WHIP1.55
対M 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –

○オリックス・バファローズ
山岡 泰輔
10試合2勝6敗 防御率3.55 WHIP1.22
対C 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –
 VS (京セラD大阪 18:00)
○広島東洋カープ
岡田 明丈
10試合5勝1敗 防御率3.27 WHIP1.22
対Bs 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –

○福岡ソフトバンクホークス
攝津 正
2試合1勝1敗 防御率4.50 WHIP1.75
対G 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –
 VS (ヤフオクドーム 18:00)
○読売ジャイアンツ
今村 信貴
1試合1勝0敗 防御率0.00 WHIP0.67
対H 0試合0勝0敗 防御率 – WHIP –

☆この7連戦は、打線次第だと思います。主力が引っ張って下さい。

P.S. 今日もたくさんアクセス・クリックを頂きました。本当にありがとうございます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


Source: K.Oのカープ・ブログ。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。