携帯ショップで高いプランに変更させられそうになり、父が取った常識はずれ警察沙汰となった行動とは。

http://blog.livedoor.jp/mesineta/front.js

151: 122@\(^o^)/ 2015/06/13 16:51:16.23 ID:hzlJPO3i.net
これは数年前の出来事。

前提として。私:実家から車で30分ぐらい離れた所で独り暮らし。
そして、やわらか銀行の前のボーダフォンの前のJフォンのさらに前の
○○デジタルホン時代からずっと使っていたユーザー、家族割を使用。

携帯で通話やカメラ撮影をしていると、バッテリが3本状態にも関わらず、
即座に電源がおちるような状態になってしまった為、父母私の3人揃って機種変更することにし、
私が車で父母を迎えに行き、その辺のやわらか銀行へ。

父母はすんなり希望の機種があったので交換したのですが、私の機種は在庫切れだったので
在庫のあるお店を紹介してもらって、そちらへ伺いました。
ところが、伺い先の店舗の対応があまりにもフザケ過ぎてまして・・・・。

私はホワイトプランではなく別プランだったのですが、
 「Wホワイトプランへ変更しないお客様に対しては、機種変更の対応はできません。」
ってキッパリ言われましたよ。
なぜかと聞けば「やわらか銀行本社からの指示です」って。

Wホワイトプランにすると、一か月で1000円程度の値上がりになるので、
そんなふざけた申し出は受けられないと、私は機種変更せずに一旦は店を出たのですが。

その後、父母を実家に送り届けて家に帰ると、母から電話が。
パパンBUTIKIREモードで、電車でさっきのやわらか銀行へ突進してったとのコト・・・。

母の電話にパニックで修羅場りつつ、慌ててさっきのお店にUターン。
現場に到着し、ちらっと中を見ると、メチャクチャになった店内と、お巡りさんと話しているパパン。
警察は父が自主的に呼んだらしいが、逮捕も連行もされずに普通に助手席に座るパパン。
どうやって警察を丸め込んだのかは知らないが、「仇は取ったぞ」って、さわやかな顔をしてのたまうパパン。

パパンを実家に送り届ける時、やっぱり私の心の中は修羅場でしたとさ。。。

http://blog.livedoor.jp/mesineta/middle.js
続きを読む

Source: メシネタ速報

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。