小笠原に久しぶりの勝利

四球も少なく球数も少ない、カーブの精度が良くなっていた気がする。結果ストレートでもアウトが取れた。アマダーがカーブを狙い撃ちしたシーンもカーブが有効に使えている裏返しだと感じる。

1点取られた時点で『0』に抑えてくれよ、とは思ったが二死でのソロはOKだという強い意志がバッテリーにあれば問題ないのではないだろうか。肝心なことは試合を有利に進めること。幸い打線が取られた後に取り返すという理想的な攻撃を見せてくれた。平田選手がヒーローインタビューで語っていたように、小笠原に勝ちを付けたかった気持ちがチームの勝利を導いたと考えたい。

好調の平田。発言が一貫していることが非常に頼もしい。右方向へのヒットが出ていることが自分自身のバロメーターになっているとのこと、ただ率は残っているが思い通りの結果が出ていない現状に納得はしていなさそう。まだ上を目指している彼を今後も期待したい。とはいえここ最近フル出場が続いているため、無理な起用は避けてもらいたいのが本音。楽な試合展開が出来れば良いのだが。

投手陣、開幕当初ほど鈴木に結果が出ていない。見ている側の不安も増えた。少し球威が落ちたのだろうか。正直そこまで変わったような印象はない。当初はもっとボール球を振ってもらっていた気もする。色々データが揃い、本格的に攻略されているのかもしれない。まぁ代わりの投手がいるわけでもないのでジタバタせずにセットアッパーとして色々な経験をしてもらいたい。岩瀬も不安だし、好調の祖父江は今の都合良いポジションでキープしたい。にしても年俸下げられた祖父江、かなり頑張っている。

打線は多少盗塁、走塁を封じられはしたが6点奪った。ルーキー相手にもっと取れた気もするが十分だ。欲を言えば昨日、今日で誰でもいいから盗塁を成功させてほしかった。相手の送球の良さもあったが、一度も成功していないのは運の無さもある。今後戦う相手では無いが、変に苦手意識が生まれなければ良いのだが。正式な捕手登録は嶋のみということでもっとプレッシャ-をかけたかった。やっぱり嶋は揺るぎない正捕手なんだろうな、という感想だ。

後は打線を戻した。スグ戻る、という点も評価できる。そして2番京田が戻ってきた。十分な活躍は出来なかったとはいえ今後も期待したい。打線は個人で作るものでは無くチームで作り上げるもの、好調、不調の循環がチーム内で出来れば良い。中日打線、今後も打てない時はきっと打てない。そんな時に投手が『0』で抑えてくれれば良い。今は打線よりも投手陣が安定することに期待したい。

セリーグ一人勝ちというのは素直に喜べない。5分の貯金がまた減ったかと考えると空しくはあるが最下位である現状、目先のゲーム差に一喜一憂しておこう。出来れば岸の前に2勝したかったが吉見投手の意地に期待したい。

とはいえ目先の勝利も大事だが、木下捕手を起用するなら明日だと思う。そりゃあ余裕がある時にやりたい。でも結果的に余裕がある時は今になるかもしれない。それは誰にも分からない。余裕、という意味では怪我人は少ないけどね。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。