形を作れた

楽天生命パークで行われた楽天との2回戦は6-3で中日の勝利。

小笠原がしっかりと試合を作り、野手が効果的に得点を重ね、リリーフがリードを守り切るといういい形で勝つことができました。

今日の小笠原はカーブでカウントを稼ぐことができ、ストレートとのコンビネーションで序盤はフライアウトを多く取るピッチング。
ストレートの球速こそさほど出ていませんでしたが、そこそこあった甘いボールで押し込めたのはボールの威力が勝った証でしょう。
課題のひとつだったフォアボールも今日は1つだけ。基本的にストライクを先行させ、たまにボールが先行してもそこからカウントを戻すことができました。
カーブでストライクが取れたことが大きかったのは間違いありませんが、やはり小笠原はストレートで押してこそ輝くピッチャーでしょうし、今日はそれができたからストライクが先行したのだと思います。
次の登板ではもっと強く、もっと速いストレートで相手を牛耳るようなピッチングに期待したいところですね。

ディクソンに打たれたホームランは打たれたタイミングが先制点となる場面だったので残念でしたが、データが少ない相手に低めのストレートを運ばれてしまった訳ですから事故だと割り切っていいでしょう。

逆に、アマダーに打たれた同点ホームランはアマダーに対して打ちやすいボールだったように見えました。
他のバッターからすれば低めに決まったいいカーブだったのかもしれませんが、バッテリーでもっとバッターをよくみた組み立てができたら結果が変わっていた可能性もあったのかなぁと。
まぁ、このホームランもアマダーが上手く打ったと割り切るべきなのかもしれませんが。

7回をひとりで投げ切れなかったのは残念でしたね。
100に満たない球数でしたが、球数というよりイニングでバテてしまったのか、投げているボールの精度も威力もやや悪くなっていたように見えました。
4月なら同点になるまで続投だったと思います。それが今日は一発で同点というシチュエーションで降板。
ランナーを2人出した後藤田をいい形で打ち取れたのでアマダーとの勝負を見たかったというファン心理はありましたが、より勝つ確率を上げる為には祖父江への交代がベストだったと思います。

その祖父江がアマダーをダブルプレーに打ち取る最高のピッチング。
3ボール0ストライクになったときはどうなるんだろうと思いましたが、そこからよく立て直してくれましたね。

8回に投げた博志は今日も失点。
あわや一発逆転の場面まで持っていかれ、最後ウィーラーを打ち取ったボールもスタンドに運ばれてもおかしくないボールで、このまま8回を任せ続けていいのかがかなり不安になるピッチングに。
ただ、他に候補がいないのも間違いなく、祖父江は今日のような使い方が理想、木下雄介と藤嶋は勝ちパターンで投げたことすらない、岩瀬は年齢的にさすがに難しい、又吉は調子がよくないといった悪い意味で悩ましい状況になってしまっています。
こうなったら贅沢は言っていられませんし、祖父江を8回に持って行き、7回や便利屋は博志、又吉、木下、藤嶋、岩瀬を上手く使っていくのがベストなのかもしれませんね。

とは言っても、追い詰められつつギリギリ耐えた訳ですから博志のポジションは変わらないでしょう。
それならなるべく早く調子を取り戻してもらいたいところです。
疲労から来る不調であればどうしようもないのですが……

打線は京田を2番、平田を5番に戻し、6番周平、7番モヤ、8番福田という打順に組み替えてきました。
初回の京田のゲッツーを見てこの組み換えは失敗かと思いましたが、5番平田が上手く機能し6得点。

昨日は2番平田が上手くいきましたし、昨日の打順と今日の打順のどちらがより良いかという比較は難しいところ。
個人的には2番平田、5番周平、6番モヤ、7番福田、8番大野奨太、9番京田がいいような気がしますが、こういう打順を試していけるだけの試合数が残っていないのが残念ですね。
とりあえず明日は今日の打順に近いオーダーで臨むと思います。

今日は4安打の平田だけでなく大野奨太のバッティングも光っていましたね。
粘った末にフォアボールを選んだり、追い込まれてからしぶとくタイムリーを放ったり、ここのところ出塁率が7割くらいというのだから驚きです。

アルモンテにも久しぶりの一発が出ましたし、モヤ以外は悪くない打撃ができていたと言っていいでしょう。
逆に言えばモヤの状態はあまりよくなさそうで、守備力も踏まえてレフトに藤井を入れたり二軍で調子のいい外野手を上げるのも面白そうですね。
レフトアルモンテ、指名打者ビシエド、ファースト福田、サード周平、セカンド亀澤というオーダーも考えられますが、アルモンテの足の状態があまりよくないそうなので、指名打者アルモンテは固定する方がいいのかなと。

今日はいい形で勝てましたが、明日の相手先発は恐らくパ・リーグの右先発ピッチャーで最も手ごわい岸。そう簡単に点は取れないでしょう。
昨年岸とあたって勝った試合のように、中日先発の吉見に頑張ってもらって少ない点数を守る勝ち方を目指したいですね。
ぜひ明日勝ってもらって敵地での勝ち越したいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

Source: やっぱり竜が好き

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。