【久々】小笠原2勝目

借金5でまた踏ん張りました。

小笠原が久々の勝利。
ストレートに力があり、打者が押されてフライになる。
チェンジアップで空振りがとれる。
カーブも混ぜて投球の幅がある。
完封してもおかしくないピッチングでした。
が、スーッと甘くなった真っすぐ、カーブで被弾。

これは今回だけでなく、小笠原のよく見るパターン。
一発出れば同点の場面でアマダーを迎えた所での交代はやむなしでしょう。
今回は打線が点をとってくれたから勝てました。
打線が点をとってくれているならこれでいいのですが、
打線が点をとれない時は1-0で勝つ。
それがエースです。
まだまだ背負わせるのは酷ですが、期待しているからこそファンは求めます。
何とかもう1段上に!

打線は12安打6点と、平田を中心にまんべんなく打ちました。
平田はもちろんですが、ここのところ大野奨の打席の好内容が目立ちます。
左脇が開いて荒いイメージがあったのですが、何とか塁に出ようという姿勢が表れています。
コンパクトに振ることで左脇の開くスイングをカバーしてヒットも出ています。
打率もいつの間にか.221まで急上昇。(?)
今日もよく選んだ四球と満塁のチャンスではカツンとタイムリー。
雅人が故障?で脱落したところでのこの変貌は大きいです。

他のセが全敗でゲーム差が縮まりました。
なかなか浮上するムードは出てきませんが、踏ん張りどころが続きます。


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。