少ないチャンスでミスが出ればこうなる

楽天生命パークで行われた楽天との3回戦は0-4で楽天の勝利。

初回が終わった時点で岸にこのピッチングを続けられれば完封されるだろうとは思いましたが、継投とはいえまさかそれが本当になるとは……

中盤くらいまでは外に物凄く広かった球審の影響もあってほぼノーチャンス。岸にも疲れが出始めたのか、さすがに慣れてきたのか、後半はチャンスを作ることができましたが、そこでミスが出て無得点。

相手が素晴らしいピッチャーでチャンスが少ないことは試合前に予測できていたはず。
そこでミスが出るあたり今の中日は強いチームとは言えませんし、今後こういうシチュエーションで変なミスをしないように、浮足立つことの無いように気を付けてもらいたいものです。

野球にチャンスは3度来るとはよく言ったもので、今日の中日はランナーを3度出し、そのすべてを得点圏に進めることはできました。しかし、それでも無得点。

2回表に訪れた最初のチャンスでは平田が盗塁を失敗しました。
1点ビハインドとはいえまだ浅いイニングで下位に下っていく打順だったので仕掛けること自体が悪いとは思いませんが、ヘッドスライディングができずリードオフに制限がある平田が積極的に盗塁でチャンスを拡大させる選手なのかという点は疑問です。
正確なスローイングで盗塁阻止率が高い今年の嶋ならなおさらで、個人的な好みを言えばここではじっくり攻撃してもらいたいところでした。
まぁ、このイニングについては結果論ですね。

今日最大の問題は6回表の大野のホーム憤死。
シチュエーションを整理すると、1点ビハインドの1アウトランナー2塁で京田がセンター前ヒットを放ちホームに突っ込んっだ大野が本塁到着2メートルくらい前に届いた送球でタッチアウトというもの。

大野は足の遅い選手だということ、打球がライナー性で大野は抜けるのを確認してから走り出したこと、楽天の外野陣が前進守備を敷いていたこと、センター田中が捕球したタイミングで大野は3塁ベースに到着していなかったこと、センター田中の肩が強いこと、次のバッターが絶不調とはいえアルモンテだったこと……
ありとあらゆる面から見てホームに突入させた意味が分からず、3塁コーチャーボーンヘッドと言ってもいいくらいの大失敗になってしまいました。

今日の岸から点を取るのは難しいから少ないチャンスで積極的に回そうという考え方もできるかもしれません。
しかし、あのタイミングでは多少送球が反れようがアウトだったでしょうし、相手の悪送球待ちの消極的な判断だったように私は感じます。
無謀なタイミングでのホーム突入は自重し、次のバッターが確実にランナーを返す打撃をしてくれることに期待する。そういうことが当たり前にできるチームになってもらいたいですね。

ここ最近走塁ミスが非常に目立ちます。
今日もそうですし、ソフトバンク戦での大島の無謀なホーム突入からのダブルプレーだったり、一昨日の試合では3点ビハインドで大島が盗塁を失敗するというやはり意味の分からない走塁ミスが出てしまいました。

森繁が監督に就任してから「走塁改革」というスローガンを掲げ練習を積んできた中日ドラゴンズ。
ホーム球場が広い上に長打力のある選手が少ないチーム事情を踏まえればこの方向性が間違っているとは思いません。
しかし、かなり乱暴なものいいですが、積極的に次の塁を狙いに行く走塁なんて素人にもできるもので、プロなら積極性と確実性をより高いレベルで両立させてもらいたいなと。
はっきり言って最近の中日の走塁は積極性とは名ばかりの暴走ばかりでお世辞にもうまい走塁ができているチームではありません。
「走塁改革」を掲げて1年半。それでもこんなミスが出るのかとちょっと悲しくなりました。
3塁コーチャーだけでなく、もっとチーム全体でしっかり考えを持った走塁をしていかなければならない気がします。

8回表の直倫のバントミスも残念でしたね。
まずこの場面でバントを選択することにも賛否両論あるかもしれませんが、どうしても1点が欲しい場面で代走と代打を送ってバントという作戦は個人的にはありでした。
ですが、その初球をフライにしてしまいランナーを進めず。
あのボールはバントするのは難しいものでしたが、それならバットを引くなどの対応ができるようになるのが理想ですね。

今日の岸相手にチャンスで3度ミスが出れば点が取れないのは当たり前。
それが当たり前にならないような攻撃をしていかなければただでさえ勝算が低い好投手と当たる試合で勝つ可能性が更に低くなってしまいます。
今日の敗戦に対し、私は巨人の菅野と当たって普通に完封されてしまったような悔しさを感じました。
菅野だろうが岸だろうが好投手相手にどうにか点を取って勝つ試合を今シーズン中に見たいですね。

先発の吉見は初回にこそもったいない失点をしてしまいましたが、そこから7回まで0を刻み続ける執念のピッチング。
外のスライダーに偏りがちだった組み立てが中盤くらいからインコースへのシュートも加わるようになり、それが効果的だったように見えました。
何度か訪れたピンチでも慌てず、気持ちを切らさず、1球1球丁寧に投げ続けた姿を見てどうにか勝ちを付けてあげたいと何度も感じましたが、残念な結果に。

8回に力尽きて3失点してしまいイニングの途中で降板。
同点なら吉見を代えて勝負に徹するべきだったと思いますが、負けている状態で今日の吉見を代えにくい気持ちはとてもよく分かり、私には今日の継投を責めることはできません。

吉見がどうにかこのイニングを投げ切ってくれたら中継ぎを1人も使わず明日からの試合を迎えられるという下心もありましたが、あれ以上吉見に投げさせるわけにはいかず、交代は仕方がありませんでしたね。
結果的に後手に回ることになったものの、やはりそれを責めることは私にはできません。

今日の敗戦で交流戦の成績は6勝9敗になりました。
つまり、明日からの3連戦で3連勝しなければ交流戦は負け越しということになります。
相手がパ・リーグ首位の西武ですし、今のチーム事情を踏まえて3連勝はかなり厳しいでしょうが、可能性がある限りは狙ってもらいたいところ。

そんな負けられない明日の先発は二軍で結果を出して帰ってきた笠原。
インコースへのストレートに手ごたえを感じているようなので、そのボールで攻める投球に期待したいですね。
5イニングで67球だったとはいえ二軍での最後の登板から中4日というのは気になりますが、今日吉見が頑張ってくれた分中継ぎの起用はしやすく(抑えてくれるかは別問題ですが)なっています。笠原は先を見ずに全力で1つずつアウトを取るつもりで投げればいいでしょう。

対する西武の先発は菊池。
1年前小笠原がひねられた相手です。
左投手ということでモヤは違う選手と入れ替えるかもしれませんが、周平は使ってもらいたいところ。
今日の岸がパ・リーグを代表する右腕だとしたら明日の菊池はパ・リーグを代表する左腕。そう簡単には勝てないでしょうが、菊池に今シーズン初黒星を付けるつもりで頑張ってもらいたいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

Source: やっぱり竜が好き

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。