ワンチャンスを本塁完全アウトで潰す

5月27日の記事で奈良原コーチについてグチグチ書いてしまいましたが、
今日も出てしまいました。
行けよという場面で止めるのが目立つと書きましたが、
ここのところは回しての余裕でアウトのタイミングが目立っています。
昨日の大島のアウトは嶋のタッチが甘くてセーフでしたが、
あまりにもタイミングがアウトだったのと、良い位置にカメラが無いためにリクエスト失敗(笑)
逆に今日の平田の盗塁のカメラワークはお見事でしたね(^-^;

今日の場面も止めても1アウト1,3塁で不調とはいえアルモンテ。
リプレイで見るとセンターが捕ったところでまだ大野奨は3塁に到達していません。
さすがに暴走でした。
ワンチャンスしかないだろうという展開だったのでここしかない!
という気持ちは分かりますが、冷静に判断して欲しかった。
繰り返しますが3塁コーチの判断は難しいです。
でもその判断もプロですから。
結果3歩も前で返球が返ってきたらミスと言わざるを得ません。

今日の岸だったら確かにその後アルモンテとビシエドが三振だったかもしれません。
でもあの余裕のよっちゃんでのアウトはいけません。
交流戦だからってセンターの肩が頭に入ってない訳はないでしょうし。
私は当然あんな強肩だなんて知りませんでしたがっ!

それにしても岸は完璧でした。
あれは打てません。
あれだけ思い通りにボールを操ればそりゃあ審判も味方につきます。
吉見も踏ん張りましたが最初に1点をとられてしまったのが痛かった。
ただ、意地を見られたような気がして、そこだけは良い試合でした。
9回に力尽きたのは残念でしたが、岸対吉見として見れば納得がいきます。
DH制でなければ当然代打で交代だったわけで、そんな面でもDH制は良いですね。
投手も育つし打者も年間通して1人多く打席に立てるわけですからそりゃ育ちます。
打者としてドラフト指名されていない投手は打者としてはアマレベルなわけで、
つまり投手の打席はプロ対アマの対決となります。
単純に9人全員プロの打者とプロの投手の対決が見たいです。
DH制の賛否についてはまた機会があれば。


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。