清水直行×涌井秀章。

メジャー挑戦の夢はいったん懐にしまって、マリーンズに帰ってきてくれる、エース涌井。
ウワサされた本日1/29(月)の残留契約は中ったらようですが、おそらく明日にも “マリーンズの涌井” の2018年が正式に発表され、始動するのではと思います。
それに先立ち、昨日1/28(日)にはマリンスタジアムでマリーンズのチームワークメイトと共に自主トレーニング。
オフの間もハワイ、そして千葉・館山で自主トレに励んだという涌井。
石垣島キャンプについても、
「どういう感じになるかは分からないですけど、2月1日から行く予定です」
と、いつでもOK、な頼もしい姿勢で、今年もチームを引っ張ってくれるはずです。
メジャーのFA市場の動きの遅さ、という原因もあったのでしょうが、昨年の成績に対して、買い手側が何が何でもとは興味を示さなかったのも事実でしょう。
ならば、今年また、やるしかありません。
やるしかないねん。
ん?
どこかで聞いたことがあるような…。
そう、熱い気持ちの元エースも、投手コーチとして、ついにマリーンズに復帰します。
清水直行×涌井秀章。

ナオさんが涌井を、もっともっと高いステージへ導いてくれるはず。 

エースは、まだまだ進化します。 

2018年のマリーンズ、面白いかも!
ファイティン!マリーンズ
以下、各紙報道原文ママ。
【涌井が認めた、ロッテ残留は「間違ってないです」】
日刊スポーツ 1/29(月) 7:22配信 
 海外フリーエージェント(FA)権を行使し、その上でロッテへの残留を決意した涌井秀章投手(31)が28日、自らの口で残留する意思を明らかにした。本拠地ZOZOマリンでの自主トレ後、日刊スポーツが27日に残留と報じたことについて「それは間違ってないです」と認めた。
 この日は、室内練習場で約50メートルの距離まで離れて力のこもったキャッチボール。愛着あるロッテの仲間とも談笑した。目前に迫った石垣島キャンプについて「どういう感じになるかは分からないですけど、2月1日から行く予定です」と、初日からチームと練習を行いたい意向を示した。
 球団側はFA残留を認めており、すでに条件提示もされている。あとは涌井側から正式に残留の意思を伝えた後、両者が会ってサインとなる。「今日(28日)は日曜なので」(涌井)と、この日は連絡は取らなかったが、29日にも井口ロッテに“朗報”が届くことになる。
【涌井 メジャー断念認めた 2・1ロッテ合流へ「行く予定です」】
スポニチアネックス 1/29(月) 5:44配信 
 ロッテから海外FA権を行使し、メジャー挑戦を表明していた涌井が、今年初めてZOZOマリンの室内練習場で自主トレを行った。
 メジャー移籍を断念し、ロッテに残留する報道に対し「それは間違っていない」と認め、「どういう形になるかは分からないが、2月1日から行く予定です」と、沖縄・石垣島で行うキャンプ初日からチームに合流することを明らかにした。
 苦渋の決断だった。夢だったメジャー挑戦はFA市場の動きが遅いことも影響し、希望していたメジャー契約は届かなかった。今後もオファーを待つ選択肢もあったが、宣言残留を容認してくれたロッテへの感謝の気持ちは強く、2月から始まるキャンプを前に残留を決断。29日にも、球団にその意思を伝える予定だ。
 このオフは、米ハワイで西武時代の同僚だった楽天・岸らと自主トレを行い、帰国後は千葉・館山で体を動かしていた。この日の練習では入念に走り込んだ後、約40メートルの遠投に加えて、傾斜を使った強めのキャッチボールも行った。この時期としては本格的で、プロ14年目となる今季に向けて着実に準備を重ねた様子がうかがえた。そして、キャンプインで「ロッテ・涌井」が復活。エースとしての自覚を感じさせた。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。