底上げが期待される投手たちの現在

巨人は、中日のホームランキング、ゲレーロ選手を獲得し、FAで野上投手を獲得し、さらに山口投手だって今年は出てくるでしょう。そしてどうやら、マイコラス級と噂されるユングマン選手の獲得も濃厚です。そうなれば、強力な投手陣と破壊力のある主力打者を背景に、サード岡本選手、セカンド吉川選手も、我慢しながらでも育てられるようになります。アンチ巨人から見ると、私が想定していたうちの最悪の状況になったと言えます。

阪神だって、不在状態だったファーストの強打者にロザリオ選手を迎えました。藤浪投手だって昨年のようなことはないでしょう。昨年は骨折で長期離脱していたメッセンジャー投手も、今年はフルに投げてくるでしょう。

巨人と阪神は、今年確実に、広島との差を縮めるでしょう。では我らがベイスターズはどうなのでしょうか。

正直言って、巨人や阪神のようなインパクトのある補強はありませんでした。そうなると、新人たちに大きな期待を寄せるとともに、現有戦力の底上げが必須になります。

【DeNA】毎年恒例の山登り自主トレ。今年も #三嶋一輝 #山﨑康晃 #石田健大 #熊原健人 が参加し、登頂しました! テレビ朝日野球 @tvasahibaseball

番長は抜けましたが、今年もこの4人で自主トレです。昨年一度はクローザーを剥奪された山﨑投手ですが、昨年終盤の安定感を思うと、今年は昨年以上にやってくれるのは間違いないと思います。石田投手も昨年は不完全燃焼の1年でしたが、もともと持っているポテンシャルも、セイバー的にも、今永投手や濵口投手に劣るものではありません。山﨑投手と石田投手の2人は、必ず昨年比でプラスを出してくれるでしょう。

リリーフの質も昨年以上のものにしなければなりません。

一時はもうあきらめていた三嶋投手だって、ポテンシャルは素晴らしいものがありました。もう先発ローテーションの夢はかなわないにせよ、CSファイナルステージの広島戦で見せたように、ロングリリーフとしてなら水準以上のものがあります。

熊原投手はどうでしょうか。昨年シーズンが終わってからフォームの改造も伝えられましたが、このまま終わる投手ではありません。

熊原選手のストレート。 グラブ外したら不思議くんですが… ちょっとでも野球少年の参考になれば\(^o^)/と思いUPさせていただきます! #25mくらいの距離 山﨑 康晃 @19Yasuaki

やっぱりこのストレートは、先輩の山﨑投手から見ても魅力があるようです。先発投手の数が揃ってきた今、熊原投手はリリーフへの転向という選択肢もあるのかも知れません。

 【DeNA】笠井の支配下登録を決定!「一軍での活躍が条件だと思っている」 ベースボールキング1/12(金) 13:47

「支配下登録ということは、一軍で活躍することが条件だと思っています。低めに丁寧に投球して、ゴロを打たせてアウトを取る投球が自分の持ち味だと思っていますので、一軍でも自分の持ち味を存分に発揮したいです」

台湾で行われていた『2017アジアウインターベースボールリーグ』にNPBイースタン選抜の一員として出場。10試合の登板で12回を投げ、14奪三振、防御率0.00の快投を披露した。

そして育成の笠井投手が支配下登録されることが発表されました。この投手にもリリーフとして、大きな期待がかかります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズ



Source: YOKOHAMA lover

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。